MENU

キーワードずらしで売り上げを上げる|競合性を避けて成果獲得!

広告が含まれています。

ずらしキーワード

アフィリエイトずらしでキーワードを調べていますか?

そんなあなたに、このページでは簡単にずらしキーワードを説明しています。

       
 
 こんにちは。
アフィリエイターの吉本です。

ずらしキーワードを使えば、集客が普通より優しくなるので、コンバージョンしやすくなります。

目次

ずらしキーワードとは?

ずらしキーワードとは、意味を変えず違う言葉を作るということです。

具体的に言うと、実際にGoogleの検索窓に入力したと思われる言葉から「ユーザー」の悩みを考えて

「その人はなぜその言葉を入力したのか?」

他の言葉だったらどのような言葉でで入力したのか?」

を考えていきます。

 

ずらしキーワードの目的は、より多くのユーザーにアクセスすることにあります。

検索エンジンの進化とともに、ユーザーの検索行動も多様化しています。

ずらしキーワードを利用することで、様々な検索クエリからアクセスをして、サイトやブログの訪問者数を増やすことが可能になります。

ずらしキーワードの見つけ方

例えばずらしキーワードを「スマホ」で考えたとしましょう。

スマホという言葉は、ほとんどの人が使う言葉ですが、その人によって「iphone」と言ったり「携帯」と言ったりする人もいるかもしれません。

それを考えると、「スマホ」を「iphone」や「携帯」いう言葉で置き換えることで、新しい人からのアクセスを増やすことができます。

「ずらしキーワード」で言葉を変える

「スマホ 中古」

「iphone 中古」

「携帯 中古」

このような、言葉になります。

「ずらしキーワード」の探し方

Googleで「ずらしキーワード」を検索すると、検索の一番下に「他キーワード」が表示されます。

この言葉は「ずらしキーワード」を調べた人の、関連性がある言葉です。

さらに、他キーワードを1つずつ調べていくことで、他の言葉も調べることが出来ます。

こうすることで、複数のずらしキーワードを見つけることが出来ます。

ずらし

ただし、思ったものとは別もキーワードもあるので選定して使う必要があります。

他の言葉だったらどのようなキーワードで入力したのか?

次は、他の言葉だったら、どのような言葉で入力したのか考えてみましょう。

「ずらしキーワード」というのは「ずらし」と「キーワード」のふたつの言葉になるので、この言葉が違う言葉にならないか考えてみます。

「ずらし」は、「他の」「違う」「別の」「似ている」「似た」「同じような」

などがあります。

「キーワード」は、「言葉」「単語」「文章」「言い方」

このような、言葉があると思います。

実際は、この言葉の書け合わせになるので、

他の言葉
違う言葉
別の言葉
似ている言葉
似た言葉
同じような言葉
他の単語
違う単語
別の単語
似ている単語
似た単語
同じような単語
他の文章
違う文章
別の文章
似ている文章
似た文章
同じような文章
他の言い方
違う言い方
別の言い方
似ている言い方
似た言い方
同じような言い方

上のような、キーワードで検索すると考えられます。

※ただし、これは想定なので、実際にこれで検索するかはわかりません。

ずらしキーワードのメリット

ずらしキーワードの利用は、SEOでいろいろな検索クエリからもトラフィックを引き寄せることができるようになります。

結果的に、ウェブサイトへの訪問者数を増やし、様々な検索ニーズに応えることが可能になるため、あなたのウェブサイトの可視性とアクセシビリティが向上します。

ずらしキーワードのデメリット

内容が散漫になりがちで、メインのトピックから逸脱する恐れがある点です。

また、検索エンジンによるペナルティのリスクも考慮する必要があります。

過度にキーワードを分散させることで、検索エンジンが内容を正確に理解できなくなり、サイトの評価が下がることがあります。

そのため、ずらしキーワードを使う際には、バランスを考慮して慎重に行うことが大切です。

まとめ

ずらしキーワードとは、潜在的な顧客が使いそうなキーワードを考えたり、特定のツールを使って検索ボリュームを調べたり、類義語や同義語を探る方法があります。

ずらしキーワードを使うことで、競争が少ないキーワードを見つけて、サイトのアクセスや成果を上げることが期待できます。

おすすめ記事

【2022年】おすすめアフィリエイトASP選び方!

アフィリエイトサイトの作り方

アフィリエイトツールおすすめ40選【2021年】

アフィリエイトで10万を稼ぐ方法

アフィリエイトで後発組が稼ぐ1つの方法

2021年アフィリエイトで儲かるジャンルを考える

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次