MENU

Amazonアソシエイトのメリットと登録ガイド!すぐにでも始めたいあなたへ!

広告が含まれています。

ブログやウェブサイトを巡ると、アマゾンの広告が目につくことはありませんか。

それが、Amazonアソシエイトと呼ばれる仕組みです。

ブログの読者が商品を購入すると、その分の収益がブロガーにもたらされます。

今回は、Amazonアソシエイトの具体的な内容や使い心地、そして導入する際の審査について深堀りしていきましょう。

これがあなたの疑問を解消するキーになるはずです。

目次

Amazonアソシエイトって何? 仕組みを解説

Amazonアソシエイトとは、自分が運営するブログやウェブサイトにアマゾンの商品広告を載せることができる仕組みです。

もしブログを読んでいる方がその広告をクリックし、商品を購入すれば、その利益の一部がブログ運営者に還元されます。

報酬は、商品の価格と「紹介利率」と呼ばれる特定の割合に基づいて計算されます。

これにより、高額商品を購入してもらえれば報酬も増えるというわけです。導入はネット上でアマゾンへの申し込みを行うだけで、審査が通れば Amazonアソシエイトのリンクを自由にブログに掲載できます。

その手軽さが、人々に愛用されています。

Amazonアソシエイトの特長とは?

ブログを通じて収益を得るための方法はいくつもありますが、Amazonアソシエイトには他にはない特長があります。

  1. 多くの人がすでに会員で、購入が容易 アマゾンは世界的なオンラインショップであり、既に会員の人も多いです。そのため、自分のブログにAmazonアソシエイトの広告を掲載すると、多くの人がすぐに購入することができます。アマゾンはすでに使い慣れているサービスなので、新規登録の手間がなく、ログインするだけで購入可能です。また、多くの人が利用しているアマゾンなら安心感があり、クリックする際の心理的な抵抗も少ないでしょう。これらの特性が購入へと繋がるハードルを下げ、多くのユーザーによるクリックを実現しています。
  2. 非会員でもブランド力で信頼感 また、会員でないユーザーでも、多くの人が利用するアマゾンというブランドに対する信頼感から、広告をクリックし、新規登録する可能性があります。比較的知名度の低いECサイトでは、クレジットカード情報や住所などの個人情報を登録する際に抵抗感を持つユーザーもいるでしょう。しかし、アマゾンであれば、そのような心理的な障壁が低くなります。他のアフィリエイト広告と比べても、 Amazonアソシエイトはユーザーに対して簡単にクリックしやすいメディアであると言えます。その結果、購入されやすい状況が生まれるわけです。

商品選びの自由度:アマゾンの豊富なアイテム

アマゾンはその壮大な商品数で知られています。食品、日用品、書籍、映画配信サービスなど、あらゆるカテゴリの商品が取り揃えられています。

この商品の多様性が、Amazonアソシエイトを活用する大きな利点となります。

ブログやウェブサイトのテーマに合わせて、適切な商品を選び、広告として掲載することが可能です。

特定の分野に特化したブログでも、それに関連した商品を見つけることができ、読者の注意を引きやすいです。

24時間のクッキー:離脱ユーザーからの収入も可能

Amazonアソシエイトのもう一つの強みは、サイトを訪れた記録が24時間残る「クッキー」機能です。

これにより、一度離脱したユーザーが24時間以内にアマゾンで購入すれば、その購入も報酬に反映されます。

即座に購入しない読者も、24時間以内に商品を購入すれば、それが報酬となります。

ただし、Amazonアソシエイトのリンクをクリックした後に、他のアフィリエイトのリンクをクリックすると、後者のクッキーが優先される点に注意が必要です。

広告の埋め込み方が選べる:Amazonアソシエイトの多様性

Amazonアソシエイトの特徴は、ブログやウェブサイトに広告を埋め込む方法の多様性です。

バナー、ウィジェットなど、さまざまな形式が用意されており、ウェブサイトのレイアウトを保ちつつ、適切な広告を掲載することが可能です。

ページに違和感なく広告を組み込むことが、Amazonアソシエイトの効果的な活用法と言えます。

さらに、カスタマイズツールを使って広告を編集することで、見た目をより魅力的にすることも可能です。

Amazonアソシエイトの留意点とデメリット

Amazonアソシエイトは信頼性と利便性が高い反面、特に留意すべきデメリットも存在します。ここでは、その点を具体的にご紹介します。

紹介料率の低さ

一般的に見て、Amazonアソシエイトの紹介料率は他のアフィリエイトプログラムに比べると低めです。

紹介商品によりますが、特に本やCDは紹介料率が低く、1000円の本を紹介しても収益はわずか30円程度となります。

また、最低支払額が5000円と定められており、その金額に満たない場合、収益は翌月に繰り越されます。

一件あたりの収益が少ないため、5000円以上の売上を達成するにはかなりの労力が必要となります。

厳格な審査

Amazonアソシエイトを始めるには、Amazonからの審査をクリアしなければなりません。

審査は厳格で、合格するための方法を探している人も多いほどです。

落ちた経験談も多く、これらを参考に自己チェックすることも重要です。

また、Amazon公式サイトで公開されている「プログラム参加申請をお断りするサイト例」も必ず確認しましょう。

 

広告の設置だけでは収入にはつながらない

Amazonアソシエイトの広告を設置したところで、そのままでは収益化にはつながりません。

読者が広告をクリックして商品を購入するまでが必要なのです。

クリックしやすい広告配置や魅力的な商品の選定、広告を活用するための記事作成など、細部までの配慮が必要となります。

 

紹介料率が低く審査が厳格なAmazonアソシエイトではありますが、広告レイアウトの工夫や魅力的な記事作成といったネットビジネスにおける基本的なスキルの習得を通じて、ステップバイステップで収益化につなげることが可能です。

Amazonアソシエイトのメリット

・無料で始められる

Amazonアソシエイトは、無料で始めることが可能という事が最大のメリットとされています。Webサイトやブログを持っていれば誰でも始めることが可能なサービスです。

勿論すべてが可能ではなく、アマゾンの審査を通過してサイトのみですが、基本的には通過さえすれば誰でも始められるサービスです。

 

・紹介できる商品数が多い

Amazonアソシエイトでは、取り扱っている商品数が多い為、好きな商品を紹介する事が可能です。

アマゾンアフィリエイトに限らずアフィリエイトを行う場合、ブログ記事に全く関係のない商品を紹介したところで購入者は見向きもしません。

しかし、アマゾンアフィリエイトは商品数が多いので、その分選択肢が広がり初心者での参入しやすいアフィリエイトサービスと言うことが出来ます。

 

・コンバージョン率が高い

コンバージョン率(CV)は、訪問ユーザーにとってほしい行動。

即ち、購入するという行動を応じた場合の割合です。大手インターネット通販サイトであり、多くの人が利用しているアマゾンの知名度と満足度から、他のアフィリエイトサービスよりも圧倒的にコンバージョン率が高いとされています。

安心してネットショッピングができるという数値が結果として出ています。

また、Amazonアソシエイトは、アフィリエイトの中でも結果が出やすいと言われています。

 

・報酬率が高い

Amazonアソシエイトの報酬率は、紹介する商品によって異なってきます。

最大で10%の紹介率・報酬となっています。紹介する方法や、紹介方法によって見込める報酬はバラバラですが、物販のアフィリエイトサービスと比較すると10%の報酬率は高い設定となっています。

Amazonアソシエイトの登録と審査過程

ここでは、Amazonアソシエイトへの登録方法とその審査プロセスを簡潔に説明します。

手順はまず、登録ページにアクセスし、あなたのAmazonアカウントでサインインすることから始まります。

次に報酬受取人の設定を行い、 Amazonアソシエイトを掲載したい情報を登録します。

その後、電話番号の登録と認証を行い、結果を待つ段階になります。

審査通過のために

合格するためには、先述した「プログラム参加申請をお断りするサイト例」に該当しないことを確認しておきましょう。

記事数は10記事程度を目安にしてください。

しかし、内容によっては記事不足と見なされることもありますので、質も重視しましょう。

また、他のアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)の広告があると落ちる可能性があるので、あらかじめ確認しておいてください。

Amazonアソシエイト審査に関して

Amazonアソシエイトを始める場合は、広告を貼りたいWebサイトやブログの審査が必要となっています。

1発で通過できる訳ではありません。

Amazonアソシエイトのヘルプに『プログラム参加申請をお断りする例』が記載されています。

こちらの情報と、代表的に言われている大事なこと。実際に気を付けた箇所を解説していきます。

■ Webサイトが未完成

記事数やコンテンツなどの不足と、更新頻度です。

記事数があまりに少ないと、未完成と判断されてしまうので、通過は難しいです。

コンテンツ数は、記事におけるコンテンツ数です。

画像や動画ばかりを更新しているサイトにはコンテンツが極端に少ないので、通過は困難となっています。

更新頻度は、長い期間放置してなければ大丈夫です。

 

正確に何文字で、記事数はいくつ。という数字の情報は出されていませんが、記事数と文字数は、審査に出した人が皆バラバラです。

1000文字以上/100記事で審査した人が断られた場合もありますし、1000文字以上/50記事でOKだった人もいる位です。

■ 身分情報が不十分

運営者情報を記載すること。住所などが架空に設定されていたりする場合はNG。

この事から、ネット上などでは代表的に「Amazonで実際に買い物をする」&「買い物をしたアカウントで登録」と合格しやすいとされています。

これは住所の確認が取れることと、運営者の身分情報が正確にアマゾンに提供されているので、通過しやすいとされています。

■ リンクを使用するサイト・目的が不明瞭

サイトのURLに間違いや誤りがある場合や、説明が不十分な場合。使用禁止なドメイン名を使用している場合など。審査に出す際に説明を記載する箇所があります。

ここの説明項目で、しっかりとサイトの説明を記載しとかないと目的が不明瞭とされてしまいプログラムの参加が断られてしまいます。

内容と、紹介したい商品についてを説明する項目があります。

どのような情報を発信しているのか。どのような人に見てもらいたいのか。

どのような思いで運営しているのか。なぜその商品を紹介したいのか。など

正確な情報を記載して下さい。

あまり考えすぎずに、自己紹介くらいの感覚で大丈夫です。

■ 誤解を与える可能性がある

閲覧しているユーザーに誤解を与える可能性があるコンテンツが記載されている場合などは、NGとなります。

Amazonアソシエイトに申請した時点で誤解を与えるコンテンツ情報の記載がなくても、審査OK後の運営中に誤解を与える可能性があると途中でAmazonアソシエイトが使用不可になる場合もあります。

普通に運営していれば問題ないです。

■ 法令違反・侵害などの違反

著作権や使用許可のないものを使っているなど

明確ではない微妙なラインでもOUTになる可能性があります。エンタメ系・ニュース系のブログなど運営して、勝手に人の画像を使用している場合などがNGということです。

人に限らず、物などの画像も違反している場合はNGです。

■ 情報商材コンテンツとサイトへの遷移するリンク掲載がある

情報商材系のコンテンツと情報商材サイトへリンクを飛ばす仕様はNGです。

情報商材で詐欺まがいの事件などが多発していた時期もあり、その辺厳しい判断となっています。

■ 性的描写

露骨な場合はNGです。アダルト関係の記事がある場合は完全にダメです。

どこまでのラインがOKなのか、ハッキリとはわかりませんが、アダルト系に関しては厳しいので注意が必要です。

アダルト系に近い記事がある場合は「アダルトOK」なASPを選んでアフィリエイトを行いましょう。

■ 報酬の使用目的

アフィリエイトで発生する紹介料・報酬の使用目的が寄付・支援の場合は通過できないです。

■ 未成年の申し込み

未成年者の申請がNG。

■ その他の理由

その他、上記に記載していない場合でもアマゾンが設定している審査基準を満たしていない場合はNGとなります。

その他に関しては下に記載している情報を参考にして下さい。

■ 代表的に言われている審査を通過させる大切なこと

・他のASPを外す

申請する時点で、他のアフィリエイトサービスを使用している場合は、リンクを外してから審査に出すと通過しやすいと言われています。

ですが・・・個人的な意見ですが、関係ないと思います。

そのままでもOKになった人が多数いますし、私も他のリンク貼り付けたままでOKでした。

・誹謗中傷はダメ

叩く系の記事や、コンテンツがある場合NG。

コレ、完全にNGだと思います。

どの程度かにも寄りますが、普通に不愉快に思われるような記事があればダメだと思います。

・フリーアドレスを使わない

フリーのメールアドレスを使わない方が通過しやすい。コレ、関係ないと思います。

・プライバシーポリシー設置

運営者の情報が記載してあれば、完璧に作り込んだプライバシーポリシーページが無くても平気だと思います。

名前はニックネーム記載でもOKの人が多数いますので、何も記載しないよりかは、ニックネームでも良いので記載するべきです。

・問い合わせページ設置

サイトに訪れたユーザーからの問い合わせフォームの設置は、有った方が良いと思います。

問い合わせフォームが無くても、メールアドレスの記載はしておくべき。

Amazonアソシエイトに関係なく、運営するなら必ずと言っていいほど、問い合わせフォームもしくは、連絡先の記載は作成するべき項目です。

アフィリエイトで稼ぎたい人は特に、必要。

ブログを書いている人も、ブログの書き方が上手であれば仕事の依頼なんかも来ることが少なくないので、設置して損はないと思います。

サイトを審査に出す手順

Amazonアカウントを作成する必要があります。

Amazonアカウントを持っていない人は、公式からアカウントを新規で作成してください。

 

アカウント作成

住所の入力とチェック項目の選択

 

アカウント作成の担当者
米国人か?
法人か?

入力が完了したら次へ

 

Webサイトの登録

情報の入力をします。

赤枠内の入力項目から自分のウェブもしくは、ブログの「URL」を入力

『http://』『www.』は無しでOKです。

「URL」を入力できたら「追加」をクリックすると下の空白にWebサイトが表示されます。

モバイルアプリの場合は、同じ手順で左側に入力します。

 

情報を入力

Amazonアソシエイトを利用したいサイトの情報を入力していきます。

①:登録ID
ご自身で好みの文字列を記入してください。

②:URL
一つ前の「URL追加」で記載したURLが記載されています。

③:モバイルアプリのURL
一つ前の「モバイルアプリURL追加」で記載したWebサイトのURLが記載されています。

④:Webサイト・ブログなどの内容と紹介したい商品に関して

256文字以内で運営しているサイトの詳細を入力。どのようなサイトなのかを入力します。紹介したい商品についても記載して下さい。

⑤:Webサイトに近い項目を選択
クリックすると選択項目が表示されるので、最も近いと思う項目を選んでください。

⑥:Webサイトに近い項目を選択(サブ)
上記と同じくサブトピックを選択

⑦:紹介する商品に関して
Amazonアソシエイトを行った場合に紹介する予定のカテゴリを選択

⑧:Webサイトの種類
運営中のWebサイトの種類をカテゴリから選んで選択

⑨:Webサイトの種類(サブ)
Webサイトの種類をカテゴリから選んで選択(サブ)

⑩:Webサイトで行っている集客方法
サイトの集客方法をカテゴリから選んでチェックを入れましょう。

⑪:収益化している手段
カテゴリから最も近いものを選びます。

⑫:リンクの作成方法
項目をクリックでカテゴリが表示されるので、リンク作成方法を選びます。

⑬:月間ユニークビジター数
月のビジター数を選択してください。

⑭:Amazonアソシエイトを利用する理由
利用する理由を選んで選択

⑮:Amazonアソシエイトをドコで知ったか
項目から選んでください。

⑯:画像の文字を入力

全て入力できたら「次へ」をクリックして進みます。

 

アカウント認証

赤枠内に電話番号を入力して、「今すぐ電話する」をクリック

アマゾンの自動電話から入力した電話番号に連絡がくるので、指示に従って進めましょう。

電話確認が完了したら、自動で画面が切り替わります。

認証の完了画面に自動で切り替わるので、アソシエイト運営規約の同意にチェックを入力して「完了」を選択。以上で申請が終了となります。「完了」をクリックすると画面が切り替わりコチラのような画面になります⇒ ⇒ ⇒

1~2日以内で、 Amazonアソシエイト・プログラムに参加できるか、のメールが届くのでお待ちください!

下記項目のお支払い情報は、今すぐでも後でもどちらでもOKです。

審査でNGだったら入力した意味がないので、後で良いと思います。

Amazonアソシエイトの審査は、ダメだった場合に再度行う事が可能です。ですので、1回ダメだった場合に対策をしてみるのが良いでしょう

審査にトライしよう

Amazonアソシエイトの審査は厳格ですが、初回落ちても、もう一度受けることが可能です。

つまり、挑戦の回数に制限はありません。

Amazonが設けている基準を満たし、読者に魅力的なコンテンツを提供するページが完成したと感じたら、審査に挑戦してみることをおすすめします。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次